【実はやめたい】年賀状をやめるときの方法と文例!友人編 | アトリエミライ.Link 人生が変わるマナーがわかる

【実はやめたい】年賀状をやめるときの方法と文例!友人編

年賀状やめる文例

「心のどこか、義務感で毎年友人に年賀状を書いている・・・。」

「メールやLINEで連絡は取り合えるし、時々会っている仲だからわざわざ年賀状で挨拶しなくてもいいのにな。」なんて、

そう思ったなら、それは年賀状のやめ時です。

決して相手と縁を切ることではありません。

そうではありませんか?

もしそうなら、

思い切ってひと言相手に伝えてから年賀状をやめることを私はお勧めします。

友人はきっと理解してくれます。

むしろ賛同の意を抱いてくれることすらあるでしょう。

それで切れてしまうような縁は、もともと自然と切れる縁だったのです。

今回は私自身が経験済みの、友人への年賀状をやめるときの方法と文例をご紹介します。

 

年賀状のやめ方

年賀状やめる文例

「縁を切りたいわけではない」という意思が友人に伝わることが何より大切です。

ここは絶対に誤解があってはいけません。

ですから、自分の今後の連絡先を必ず明記できる方法で連絡します。

方法としては下記があります。

  1. 手紙(封書)
  2. はがき
  3. メール
  4. LINE

どの方法が良いかは個人により様々なので、下記の文例を参考の上、選択されてください。

文例

1.手紙(封書)編

◯◯さん、いかがお過ごしでしょうか。

今回、年賀状についてお手紙を書いています。

今後年賀状というかたちでの新年のご挨拶は、控えさせていただくことにしました。

しかしながら、今後とも変わらぬお付き合いをいただけたら嬉しいです。

今後の連絡については

★希望する連絡先を明記★にてお願いします。

(何かひと言添えるなど自由にアレンジされてください。(例)また食事に行きましょう、など。)

花子より

MEMO
手紙(封書)は丁寧な心が伝わること、また今後の連絡先である自身の個人情報が他人の目に触れないメリットがあります。

2.はがき編

◯◯さん、いかがお過ごしでしょうか。

今回、年賀状についてご連絡しています。

今後年賀状というかたちでの新年のご挨拶は、控えさせていただくことにしました。

しかしながら、今後とも変わらぬお付き合いをいただけたら嬉しいです。

今後の連絡については

★希望する連絡先を明記★にてお願いします。

(何かひと言添えるなど自由にアレンジされてください。(例)最近ダイエットに励んでいます、など。)

花子より

MEMO
手紙(封書)編と同様の文例です。はがきは今後の連絡先である自身の個人情報が他人の目に触れます。気になる方は避けてください。

3.メール編

◯◯さん

ご無沙汰しております。

いかがお過ごしでしょうか。

私は最近★近況報告などひと言自由にアレンジされてください★です。

今後の年賀状について、

年賀状というかたちでの新年のご挨拶は、控えさせていただくことにしました。

しかしながら、今後とも変わらぬお付き合いをいただけたら嬉しいです。

今後の連絡は、

引き続きこのメール★またはLINEを希望する方はプラスして明記★にてお願いします。

★また食事でも行きましょう、などで締めてもOKです★

花子より

4.LINE編

年賀状についてですが、

今後は年賀状での新年のご挨拶は控えさせていただくことにしました。

しかしながら、今後とも変わらぬお付き合いをいただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。

MEMO
LINEは短文で趣旨を明確に伝えます。例文を参考に、文言は関係性によりラフにしたりとアレンジされてください。「年賀状はやめるけど、これからも何も変わらずよろしくね!」ということが友人に伝わればOKです。

重要!年賀状をやめることを伝えるタイミング

年賀状やめる文例

さて、何ごともタイミングは重要ですよね。

年賀状をやめることを伝えるタイミングは、

手紙、はがき、メール、LINEのいずれにしても10月中旬頃のお知らせをお勧めします。

なぜなら年賀はがきの販売は10月下旬頃だからです。

友人がはがきを買う枚数を余分にさせない心遣いからも、適した時期です。

あまりに早い春、夏の時期では季節感として拍子抜けしますので、

次回から年賀状をやめたい場合は10月中旬に伝わるよう心づもりしておきましょう。

遅くて、11月中旬までがタイミングです。

年賀状に、ついでに今年でやめることを記載するのはあり!?

これはあくまでも筆者個人の意見です。

新年のご挨拶の年賀状に、

同時に今年で年賀状をやめたいことを記載するのは、タイミングとしては「なし」です。

人生で縁があり巡り合ったお付き合いに対する感謝の心、

また新年をめでたいと慶び合う年賀状に「やめたい」旨を書き添えるのは

新年早々どこかがっかりしませんか。

ダメではないですが「めでたい」ときはめでたく、

新年の慶びに満ちたご挨拶に留めるのが良いように思います。

年賀状をやめることを伝えたあとの実際の反応

私の体験例ではありますが、実際の反応として

伝えた今後の連絡先に1人を除き連絡をもらえました。

わざわざ連絡をくれたことに対し

ありがたく、ほっとした気持ちを抱いたものです。

毎年、今年は年賀状にどんなひと言コメントを添えようかというプレッシャーが多少ありましたが

身軽なすっきりとした気持ちになりました。

今後はメールで連絡を取り合えばいいという開放感です。

実はやめたい年賀状なら、思い切ってやめよう!

年賀状やめる文例

奈良時代から続いていると言われる年賀状の慣習。

年に一度の年賀状だからこそ

日常頻繁に連絡を取り合わなくても

年賀状を書くそのときに相手に思いをはせるひとときがありますよね。

そして受け取った年賀状を読むときには、心あたたまる瞬間があるものです。

一方で、

世の中の通信手段は変化し続けており

それに伴った年賀状に対する人々の価値観の変化も否めません。

相手への感謝の意と、新年をめでたく慶び合う心が変わることはありませんが、

もしあなたが義務感で年賀状を書いているならば、

思い切ってひと言相手に伝えてから年賀状をやめてみてもいいのではないでしょうか。

最後に、年賀状を否定的に捉えた記事ではないことをご理解いただけましたら幸いです。