【これで安心】服装に迷わない!初めてのクラシックコンサートマナー | アトリエミライ.Link 人生が変わるマナーがわかる

【これで安心】服装に迷わない!初めてのクラシックコンサートマナー

クラシックコンサートマナー

初めてクラシックコンサートに出かけるとき、服装に迷ったりはしませんか。

私は初めてのとき、服装のことで頭の中がぐるぐると渦巻いた記憶があります。

初めてのことに戸惑うのは、皆同じです。

安心して出かけられるよう確認していきましょう。

 

クラシックコンサートに初めて出かける服装マナー

実は、一般的なクラシックコンサートは服装に特別な決まりはありません。

とはいえ、さすがに素足サンダルは避けたほうが無難です。

初めてのときは、下の写真のようなレストランに出かけるイメージの装いで問題ないです。

MEMO

初めてのときにお勧めの服装

クラシックコンサートの服装

初回に周囲の服装を見渡しておけば、次回からは自己判断して行けると思います。

初めは少し敷居が高く感じているかもしれませんが、意外と皆さんラフな服装で出かけています。もちろんお洒落を愉しんで出かけている方もいます。

注意点としては、結婚式ほどのドレスアップだと浮いてしまいます!

続けてもう少し具体的に書いていきます。

男性編

クラシックコンサート服装

↑例として冬はこのようなファッションで出かけて、アウターウェアはクロークにあずける、でも大丈夫です。このようにジャケットなしの襟付きシャツでもOKです。

  • 会社帰りのスーツは可(ネクタイは外して大丈夫)
  • ジャケット着用はベター
  • ジャケットを着用しなければシャツでも可
  • ポロシャツも可
  • パンツはジーンズでも可
  • ハーフパンツは避ける
  • 素足サンダルは避ける
  • 帽子は脱ぐ(演奏者への敬意と、後ろの方が邪魔です)

女性編

クラシックコンサート服装

↑このような服装でも初めてにお勧めです。

  • 会社帰りのスーツは可
  • 着物は可
  • ワンピース可
  • スカートにブラウスやカーディガンのような綺麗めな装い可
  • パンツはジーンズでも可
  • 靴はパンプスがベター
  • 帽子は脱ぐ(演奏者への敬意と、後ろの方が邪魔です)

男女問わずNG

クラシックコンサート服装

  • 音がたつアクセサリーはNG(演奏中はバッグにしまいましょう)
  • 強すぎる香水はNG(室内は香りがこもり、気分が悪くなる方もいるので控えましょう)

ドレスコードがある場合

一般的なクラシックコンサートではあまり無いことですが、もしドレスコード明記がある場合、然るべき装いで出かけるのがマナーです。

ドレスコードというのはその場の格を整えるためにあるので守ります。

格式高く行われるコンサートでは「正装」が指定されることもあります。また「盛装」と冠したコンサートでは華やかな装いをして参加します。

MEMO

男性の正礼装

昼間はモーニングコート・夜間はテールコート

正礼装男性

夜間はタキシードも差し支えありません

タキシード

 

女性の正礼装

昼間はアフタヌーンドレス・夜間はイブニングドレス

正礼装女性

和装の正礼装は昼と夜の区別はありません

正礼装正礼装

(写真出典元:一般社団法人日本フォーマルウェア文化普及協会

※使用許諾を得ています)

 

盛装

それぞれが華やかにお洒落をした装いを指します

盛装クラシックコンサート

 

クラシックコンサートマナー【これは迷惑】演奏中に気をつけたいクラシックコンサートマナー

コートや荷物はクロークにあずけられる

クラシックコンサート服装

会場に到着したら、冬場のコートや大きめなバッグ等はぜひクロークにあずけてください。

コンサートホールの座席スペースは限られています。

大きな荷物は隣の方に窮屈な思いをさせてしまうかもしれません。

またスマートに入場したほうが集中して鑑賞できます。

意外とかしこまらないクラシックコンサートの服装

クラシックコンサート服装

(写真出典元:Mirethos(ミレートス)広尾

※使用許諾を得ています)

日常的に開催されているクラシックコンサートは、ドレスコードはなく、意外とかしこまらない服装で皆出かけています。

プロの音楽家から見ても「服装は近年どんどんラフになっている」という印象のようです。

服装の心配を解決していただけたなら、ぜひ身近にクラシックコンサートに出かけてみましょう!

 

<服装におけるクラシックコンサートのポイント>

  • クラシックコンサートの服装は特別な決まりはない
  • 初めてのときはレストランに出かける装いが無難
  • もしドレスコード明記があれば従うのがマナー
  • 音がたつアクセサリー、強すぎる香水は控えるのがエチケット